「酔舎」の夢は夜ひらく
圭子の夢は夜ひらくを真似てみました
訪問者数

Welcome



プロフィール

ドンマス

Author:ドンマス
立呑処「酔舎」は、2009年12月にオープンしました。内外装手作りのお店で、地震の時は、店員お客さんが協力して、両手を上げ天井を、、、いやお店を支えてくれてます。
大変おバカなお店です。
尻手にお越しの際は、是非お立ち寄りください。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



モバイル用QRコード

QR



酔舎クラブ(部活動)

Welcome

おバカブログです



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



夏の思い出
山の日があったお蔭で、金曜日が2日あった賑わいの今週、今日頑張れば8月も2週が終わる
山の日がなんなのか?いまだ不明なのだが、どうせなら15日の終戦記念日を祝日にした方が分かりやすいが
この暑さ、戦場から比べればなんでもない
靖国神社参拝問題が語られる時期、その横にひっそり佇む遊就館は、靖国神社境内に併設された同社の祭神ゆかりの資料を集めた宝物館
芥川龍之介『侏儒の言葉』1923年
『わたしは歴史を翻へす度に、遊就館を想ふことを禁じ得ない。過去の廊下には薄暗い中にさまゞの正義が陳列してある。(中略)わたしはさう云う武器を見ながら、幾多の戦いを想像し、おのづから心悸の高まることがある、しかしまだ幸か不幸か、わたし自身その武器の一つを執りたいと思つた記憶はない。』
そんな文芸作家も多く訪れるこの場所、心を洗うには一番の場所
自分も3~4回行きましたが、いまだ全てを観きれてはいない、観終わらさない引きつけるものがある
花火などで賑やかなのも夏であるが、戦没者を追悼するのも夏である、、、キンチョウ


桃屋があればキンチョウだっていまだ健在
昭和のいいものは宝物、昭和のいいものは電気ブラン、ホッピーに決まってる
電気をホッピーで割っちゃえばいいじゃん、牛乳も入れちゃえば・・・それはマズイでしょ
牛乳じゃなくて生乳(ナマチチ)じゃないと
酔舎には「草原の香るミルク」っていうのがありますね~
やっと入ったミルクも、半分なくなっちゃった、3日間で早い
美味しいですから癖になっちゃう


IMG_8967.jpg


「魚とり南蛮漬」美味しいでしょ
魚君高くて少量だから、毎回できないんですが、切れ端的なブイがたまに大量に出されるとチャンス
一般のご家庭では、切り身しか買わないでしょ
切り身5切れでは商売にならない、だからあったらチャンス買い
一昨日は2パックあったからハナ取り、勝ったー
だから今日も今朝ここまで処理してきたから、あとは揚げて漬けるだけ
とりの倍魚があるから、魚中心に味わってください


今日からお盆入り、16日まで里帰りなんていう方は多いはず
田舎の夏も思い出ですね~夏の思い出作りましょうね
ご来店の皆様、有難うございました









人気ブログランキングへ       応援ボタンON!お願いします
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://wgn40club.blog100.fc2.com/tb.php/2453-b1b6d116