「酔舎」の夢は夜ひらく
圭子の夢は夜ひらくを真似てみました
訪問者数

Welcome



プロフィール

ドンマス

Author:ドンマス
立呑処「酔舎」は、2009年12月にオープンしました。内外装手作りのお店で、地震の時は、店員お客さんが協力して、両手を上げ天井を、、、いやお店を支えてくれてます。
大変おバカなお店です。
尻手にお越しの際は、是非お立ち寄りください。



カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



モバイル用QRコード

QR



酔舎クラブ(部活動)

Welcome

おバカブログです



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



豪華な余り物完食!
翌朝余り物






激動の一年が過ぎmr会の2008年は終わりましたが巷ではクリスマスシーズン到来で若者の楽しそうな姿が目に付きます。やっぱ不況でしめった感じよりカップルの楽しそうな顔を見る方が数段良い気分になります。
しかし実際の我が家は世間より不況で先週の青空「鍋忘年会」の残りをさも豪華に頂いた女房子供達!今年はサンタさんが来るのであろうか?

k-ball優勝残り3週間半でやる事が山済みの身なれど週末の野球応援団だけは欠かさず参加しています。
先週はk-ballという軟式ですが、大きさ重さが硬式と同じボールを使い硬式バットで戦う大会に出場し小田原のチームを破りベスト4に残った。そして昨日平塚球場という本格的硬式球場で準々決勝・決勝が行われ我が横浜チャンピオン新羽中学校は座間選抜を延長8回に1-0で勝利し決勝へコマを進めた。伊豆選抜0-1ひまわりBC(神奈川)で決勝は神奈川対決となり2-1で新羽中学校が初のk-ball優勝となった。
この大会は3年生が出場できる最後の大会で新羽は4名の3年生が参加し賜杯を手にした。
早速父兄の間で祝勝会の話が・・・何処にも飲み会というものが好きな族が居るものだな~と実感した。勿論参加しま~す!


人気ブログ応援ボタンON!お願いします。
スポンサーサイト

やっぱ鍋は屋外が旨い!
出発スタート






寒い寒い2






今年も最後のイベントとなりました。
昨年に続き青空「鍋忘年会」開催です。
満玉君が最寄り駅に6:24分に到着とのことで絶対遅れられない責任感から殆ど寝ていない状況で朝を迎えた。早朝から車に荷物を積み込みいざ出発。辺りが真っ暗な時間に遭遇する人物は新聞配達のお兄さんのみ。結局6:40分には会長・メタボちゃんも揃いほぼ定刻にスタートした。

だんごメタボの焼き鳥






おまめ80山へ






こんなとこ散策






あったまたも






せりえのき






準備ができビールで乾杯のあと早速メタボちゃんお手製の焼き鳥・つくねが焼かれる。やっぱビールには焼き鳥ですなーと思いきや・・・それに合わせる様におまめ80登場。何時もながら都合よく現れ男である。手羽・砂肝と完食し続いてはつくね。つくねはお店より1個多い4個がなが~い竹ヒゴに。最後にメインの鳥肉はもはや竹ヒゴにあらず竹竿のように撓ってしまう程の量で通常焼き鳥の2.5倍が一本分でした。

朝っぱらから肉で腹いっぱいの40オヤジは本日の鍋に入れる具財チョイスにお散歩タイムとした。林へ向う一行の案内人はおまめ80です。ここはおまめ80の庭みたいなもの。この時期の収穫は決まってしまうが目的はキノコとセリです。皆で探し何とか鍋1杯分を確保し陣地に戻り乾杯。


なべ鯛味噌






しめめし






時刻は9時過ぎ、そろそろ主賓の鍋にしようということでビールから焼酎・日本酒に切り替え鍋を囲む。鍋は昨年同様に部長の特性スープが具財を引き立てる鳥かつおミックススープですから間違いなく旨いです。内容もブタ・トリ・つくね・つみれで具財の半分ですから更にスープが旨くなる。大根・ネギ・白菜・豆腐だけの簡単4×4鍋ですが絶品。さらにリベンジに挑む会長は鯛の味噌煮で勝負。勝ったか負けたかはご想像に任せるとして秋田では一般的な料理らしく郷土料理的な存在として頂きました。サバの味噌煮のイメージとはちと違ったから恐らく関東人は食ったことのない味です。更に細々としたつまみを食らい酒も充分といったところで昼寝タイム突入。1~2時間休憩を入れたが腹に余裕は全くない。ならばと止めに炊き込み釜ご飯を炊き上げたが流石に皆3口程度でダウンしてしまった。

晴天まめ






自然薯?えっ自然薯!






終わり帰るよ






皆が満腹で身動き取れぬ中おまめ80だけは野生の本性むき出しに原始的なスコップを抱え再び林へと消えていった。後を追ってみると既に竪穴らしきもを掘っていた。見てはいけないものを見た様な気がしたその時おまめ80に発見された。実は自然薯を掘っていたらしい。収穫は3センチほどの小さいイモ。残念だが先客が掘っていったとのことで断念した。辺りも暗くなってきてランタンで明かりを取り入れ暖かいお茶で時間を潰していると空には流れ星がキラリ!

身支度をしてまた次回を約束して各々帰路についたのでした。定刻よりは約30分早く終えたのは皆また一歩年寄りに近づいている証でしょう。よく考えれば会長と始めて伊豆に潜りに行ったのは24歳の時だった。実に19年前の事か・・・朝が早いのは苦にならないが夜も早いのが年寄りだからな~この忘年会の終了時間が3時頃になった時は引退の時かも知れないね!


人気ブログ応援ボタンON!お願いします。